気を付けること

青汁は適切なやり方で取らないと効果がありません

青汁を毎日飲んでいるけどあまり効果が見られない、いったいなぜだろうか、青汁愛好家の中に、こういう悩みを持っている方がいますが、なぜ、毎日青汁を飲んでいるにも関わらず、効果を感じることができないのでしょうか。

この場合、考えられる理由は2つあります。

ひとつめは、青汁以外、健康にいい食べ物をまったくとっていないことです。

確かに青汁は健康飲料ではありますが、それを飲むだけですべての栄養素が確保できるわけではありません。

なので、肉ばかり食べる生活をしていると、いくら青汁を飲んでいても健康になることは出来ません。

肉だけでなく野菜や果物をとり、ついでに青汁をとる、こういう食生活をしていないと、いくら青汁を飲んでもあまり効果がないのです。

なので、問題のある食生活をしている人は、それを改善し、バランスのいい食生活を心がけましょう。

そうすれば、毎日飲んでいる青汁と、バランスのいい食生活が相乗効果を発揮し、心身を健康にすることができるでしょう。

この、食生活のバランスが悪いという理由以外にも、青汁がその効果を発揮できない理由があります。

それは、青汁を飲む量を間違えている場合です。

青汁には1日に取るべき量、適正量というものが存在します。

それを超えて飲んでしまうと、過ぎたるは及ばざるがごとしという言葉の通り、体調不良を起こす原因になります。

逆に、適正量より少ない量しか飲んでいない場合、効果を発揮することができません。

なので、青汁を飲む時は、きっちり適正量を確認して、その分だけ飲むとよいでしょう。

青汁の力を過信してバランスの悪い食生活をしていること、1日に飲むべき適正量を無視して、青汁を飲んでいること、この2つが青汁の効き目を悪くする原因です。

それ以外にも、飲んでいる青汁が体に合わない(つまり相性が悪い)というケースもありますが、日頃飲んでいる青汁の効き目がないと感じたら、まずはこの2つのケースに当てはまっていないか、確かめてみたほうがいいでしょう。

肝臓に効果的な青汁ランキング www.caribnet.net