含まれる成分について

青汁にはカフェインが含まれているの?飲み過ぎはよくない?

青汁というのは、野菜不足を補うことのできる健康食品として人気が高いです。

主原料は野菜ですが、いろいろな原料を使って青汁は作られています。

原料が多い分、成分もたくさん入っています。

通常日常生活を送り、仕事をしている人は、健康に良いとされる成分入っているのならば、どんな青汁でも良いという人がほとんどです。

しかしこれから妊活をしようという女性や、妊娠中や授乳中の野菜不足を補うために青汁を飲みたいという人もいるのです。

そんな時に気になるのが、カフェインの量ではないでしょうか。

カフェインが入っているから悪いというわけではありません。

しかしカフェインを取り過ぎるとお腹の中の赤ちゃんや授乳中の赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんの腎臓に負担がかかることもあるのですね。

またカフェインというのは、気を付けていても、お茶やチョコレートなどの嗜好品にも含まれているものなのです。

そのため知らず知らずのうちにカフェインを摂取している可能性もあるので、出来れば青汁は意識的にノンカフェインのものを摂取したいという人も少なくないのですね。

では青汁には、カフェインは含まれているのでしょうか。

青汁と呼ばれる商品は多いですが、カフェインの入っているものとそうでない物があります。

野菜自体にカフェインは、ほとんどありません。

しかし青汁を美味しく飲むために味付けする物の中にカフェインが含まれていることがあるのです。

例えば、抹茶などですね。

青汁は本来、野菜の味が強く飲みにくいことが多いです。

その飲みにくさを解消するために抹茶テイストにしてあることもあるのです。

抹茶テイストにすることにより、カフェインが入るのですね。

もう一つココア味も注意が必要です。

ココア味の青汁は甘くて飲みやすいものです。

しかしココアも本来カフェインの入っているもの。

そのため、ノンカフェインにしていなければ、カフェインが当然含まれます。

もしもカフェインを控えたいという場合は、青汁の表示をよく見て購入することが大切です。

ノンカフェインと書かれているものであれば安心ですね。