青汁を飲む効果とは

青汁が冷え性に悪いのは勘違い?!青汁が冷え性の改善に役立つ理由などを詳しく解説

冷え性について

冷え性とは手足などに寒さを感じる症状のことです。

全身に寒さを感じる場合もありますが、一般的には四肢末端などの身体の一部分にだけ寒さを感じます。

平熱が36度を下回る場合を低体温と呼びますが、冷え性の場は体温とは関係ないので本人が寒さを感じていれば冷え性です。

そして冷え性は男性よりも女性に多く見られる症状であり、その原因が男女の筋肉量の違いです。

筋肉は大量のエネルギーを消費するため、筋肉量が多いと体内で大量の熱が発生して体温が高まります。

そのため、多くの場合に男性と較べて筋肉量が少ない女性は体内の熱生産量が少ないため、身体の冷えを感じやすいのです。

また、身体の熱生産量が充分でも寒い時期に薄着をしたり、過度なストレスや食生活の乱れなどが原因で冷え性を発症する場合もあります。

冷え性の主な症状とは

体の冷えは万病の元といわれており、冷え性が原因で様々な体調不良が起きる場合があります。

その代表的な症状が「むくみ」「肩こり」「貧血」「肌荒れ」などです。

いずれの症状も冷え性が原因で体内の血行が悪化することで、各部位に必要な栄養部が充分に供給されなかったり、老廃物の排出がスムーズに行われないことなどが原因で問題が発生します。

さらに身体の冷えが原因で自律神経が乱れることで、「自律神経失調症」を発症する場合もあります。

その他にも、生殖機能を低下させて妊娠を妨げる場合もあります。

青汁が冷え性を悪化させるって本当?

青汁を飲むことで冷え性を引き起こしたり、その症状が悪化すると思っている方が少なくありません。

その原因は青汁に豊富に含まれている「カリウム」です。

カリウムには利尿作用があるため排泄が促されますが、排泄の際に排泄物と一緒に体内の熱が放出されるため体温が低下します。

また、青汁は冷たい水などに混ぜて摂取することが多いですが、体温よりも低い温度の液体を摂取することで一時的に体温が低下します。

これらの作用によって、青汁を飲むことで冷え性が悪化するという勘違いされることが多いのですが、実際は青汁による体温低下はすぐに回復する一時的な現象にすぎないため、冷え性を引き起こしたりその症状を悪化させることはありません。

むしろ青汁を飲むことで、冷え性を改善する効果が得られます。

青汁が冷え性の改善に役立つ理由とは

青汁を飲むことで冷え性を改善できる理由の1つが、青汁に含まれている「酵素」です。

この酵素には食事の消化を手助けしたり、体内の血行を促進する効果などがあります。

そのため、青汁を飲むことで新陳代謝が活性化して体内の熱生産量が増加するため、冷え性改善に役立つ効果が得られます。

そして青汁の多くにはビタミンB群を豊富に含んだ大麦若葉が含まれていますが、ビタミンB群には冷え性を引き起こす原因の1つである貧血を改善する効果や、代謝を活性化して熱生産量を増やす作用などがあります。

さらに青汁に含まれているビタミンEやポリフェノールには血流を良くする作用があるため、血液を通して全身をくまなく熱が循環するため、冷え性の改善に役立ちます。

また、体温よりも冷たい水で作った青汁を飲むと体温が低下するため、温かいお湯で作った青汁を飲むことがおすすめです。

ただし、青汁に含まれている酵素は50度以上の熱に触れると壊れてしまいます。

そのため青汁を利用して冷え性を改善する場合は、体温よりも高くて酵素が破壊されない温度である40度程度のぬるま湯で作った青汁を飲みましょう。